【15選書籍化作品限定】絶対に一度は読んだほうがいい小説家になろう作品

小説家になろう」一度は読んだほうがいいおすすめ作品をお届けします。

定番ファンタジー作品からアニメ化された大人気作品を厳選して紹介します。

これからなろうを読もうとしてる人、既になろうを知っている人にもおすすめの記事です!

 

 

Sponsored Link

転生したらスライムだった件

突然路上で通り魔に刺されて死んでしまった、37歳のナイスガイ。意識が戻って自分の身体を確かめたら、スライムになっていた!
え?…え?何でスライムなんだよ!!!などと言いながらも、日々を楽しくスライムライフ。
出来る事も増えて、下僕も増えて。ゆくゆくは魔王でも目指しちゃおうかな?
そんな、どこかずれた天然主人公の異世界スライムライフです。

 

口コミ

タイトルがラノベ(笑)とか思ってましたがこれ読んで価値観変わりました。
最初は美少女の出てくるファンタジーコメディかと思いましたが、
読んでみるとストーリーも王道で絵も上手で面白いです。
それ以上に非常に丁寧に描かれたキャラクターに引き込まれました。
スライムだけれどもしっかり喜怒哀楽を表現できていることにも素晴らしい。
戦闘シーンもごちゃごちゃしすぎず見易く描かれていて良いです。
スライムほんと強いんで落ち込んでる時に読めば元気になれそう!

 

スライムの人柄と強さが心地よいストーリー。友人の勧めで読み始めましたが、グイグイ引き込まれる内容と戦闘シーンの迫力にヤラれ、全てを購入するに至ってしまいました‥(笑) 内容的には決して読み手にストレスを与えるようなものではなく、ただただ爽快です。まずは最初の巻がお安いうちに、とりあえず読んでみることをオススメしたいです。ストーリーはまだまだ続きますが、次が待ちきれません。

 

とんでもスキルで異世界放浪メシ

異世界召喚に巻き込まれた俺、向田剛志(むこうだ つよし)。ステータスの鑑定で俺以外の3人の召喚者は職業欄に『異世界からやって来た勇者』となってるのに、俺だけ『巻き込まれた異世界人』となっていた。スキルも聖剣術とか聖槍術とか聖魔法とかいろいろすごいのがそろっている。それなのに俺のは固有スキルで『ネットスーパー』だけだった。戦闘スキルじゃない俺はすぐさま役立たず的な扱いに。しかも、召喚した国の王様の言い分がいかにも胡散臭い。ネット小説を読むのを趣味にしていた俺は、諸々を総合した結果『ダメだ。これはあかんタイプの異世界召喚だ。』という結論に至った。そして俺は召喚されたその日のうちに何やかや言いくるめて城から逃げ出したのだった。
口コミ
萌え系の女キャラクターは出てこない。異世界も救わない。ネット通販で買い物をしながら悠々自適に旅をする。ただそれだけ。自分自身は戦闘能力もないし頭がキレないところもリアルでいい。仲間が強いのは金銭問題を解決させるために必要なだけだろうし別にいい。ケモノは可愛いし。見てるとお腹は減るし自分も料理ができそうな気がしてくる。良作。これからも買う。
こちらの作品は絵柄とグルメ系だったことが気に入って購入しましたが、大当たりでした。
設定やストーリー展開はありがちで、あれとあれとあれを足して3で割った感じだな〜と思いましたが、まず絵がとても素敵です。

 

 

Sponsored Link

蜘蛛ですが、なにか?

勇者と魔王が争い続ける世界。勇者と魔王の壮絶な魔法は、世界を超えてとある高校の教室で爆発してしまう。その爆発で死んでしまった生徒たちは、異世界で転生することになる。クラスの中でも最底辺に位置する主人公は、よりにもよって蜘蛛の魔物として生まれ変わってしまう。ただ、異常な程に強い精神力で現状を受け止め、割とあっさり順応してしまう。これは蜘蛛の魔物になってしまった主人公が、なんやかんやサバイバルして生きていく物語である。
口コミ
アニメ版で蜘蛛子さんのファンになり購入。
アニメ版では勇者側のストーリーが理解出来ず、ただただ蜘蛛子さん側を観て楽しんでましたが、小説版では勇者側も物語として理解できて楽しめるたので購入して良かったです。
アニメを見て面白かったので購入
買って正解でした。
蜘蛛子が成長していくのが読んでいて面白い
DRPGですね
3連休を利用して9冊一気購入一気読みしました(まどマギ10話以来の衝撃を受けました。)最初はよくある転生モノで暇つぶし目的だったのですが、ところがどっこい、他の転生モノとは格が違いました(うちも他の転生モノ好きですがこのコメントで気分害されたのでしたら謝罪いたします)他の物とは違い、いきなりの無茶苦茶設定をご都合化するためや主人公無双するためだけに転生モノにするのではなく転生という要素を主軸とするのではなく料理の香辛料のように扱う発想。また単なる主人公無双ではなく、ぎりぎりの戦いを続けることで成長するというRPGゲーマーには大好きな展開。またバトルモノとしてはどうしても避けられないインフレバトル、を回避するために頭脳バトルにしたりと、ただただ読んでてはまる要素ばかりでした。クモが苦手、転生ものじゃん~、時系列ぐちゃぐちゃやな~という方も我慢して読んでみてください!(作中でも主人公は我慢して色々○×してるんですよ!)きっと明日から家にくもを見つけても温かい目で見守ることができるでしょう!

Re:ゼロから始める異世界生活

突如、コンビニ帰りに異世界へ召喚されたひきこもり学生の菜月昴。知識も技術も武力もコミュ能力もない、ないない尽くしの凡人が、チートボーナスを与えられることもなく放り込まれた異世界で必死こいて生き抜く。彼に与えられたたった一個の祝福は、『死んだら巻き戻ります』という痛みを伴う『死に戻り』のみ! 頼れるもののいない異世界で、いったい彼は何度死に、なにを掴み取るのか。  ※血も死体も出る予定ですが、そんな派手なことにはなりません。
口コミ
凄く面白い。
でもそれはこれ一冊でのものでも、なければ万人受けするものでもない。例えるならフレーバーの強い蒸留酒みたいなもの。癖が強いものが明確に嫌いという方でないから是非お取りください。ただし、貴方の好みに合うかは保証できかねますが。
とても良いです。文章ならではの表現やアニメとの違いなども散見され、とても読むのが楽しかったです。物語の面白さは言うまでもないと思いますが、やはり作者の表現が歪むことなく100%載っているのは原作ならではですから読んでみてはいかがでしょうか。

Sponsored Link

アラフォー賢者の異世界生活日記

VRRPG『ソード・アンド・ソーサリス』をプレイしていた大迫聡は、そのゲーム内に封印されていた邪神を倒してしまい、呪詛を受けて死亡する。そんな彼が目覚めたのは、何処とも知れない森の中であった。しかも能力はゲームで使用したアバターその物。正にチートである。四十代DTのおっさんは、この世界で平穏な生活を送れるのだろうか?そんな彼の異世界生活がはじまる。現在、貴族の家庭教師を終え、無職中。
口コミ
私は面白いとおもいました。よくあると一言で片付けてしまえばそれまでですが、安心して読めます。作画のレベルも高いと思います。
原作未読の為続きが気になりますね。
あまり学がある訳ではないので大したことは書けませんが、個人的に気に入った作品なので応援です。
チートがすごい。けど常識的なおじさん。面倒見もいい。今のところ登場人物もいい人たち。

経験値貯蓄でのんびり傷心旅行 ~勇者と恋人に追放された戦士の無自覚ざまぁ~

パーティーでお荷物扱いされていたトールは、とうとう勇者にクビを宣告されてしまう。最愛の恋人も寝取られ、居場所がどこにもないことを悟った彼は、一人喪失感を抱いたまま街を出ることにした。だが、実は彼は世界を揺るがす超レアスキル【経験値貯蓄】の所有者だったのだ。勇者も超える力を手に入れたトールは、傷心の旅も兼ねてのんびり世界を回ることにした。
一方、追放した勇者達はなぜか次々と活躍の機会を奪われ、次第にどん底へと追い詰められていく。
口コミ
話の冒頭で、追放された主人公、一人寂しく傷心旅を始めた途端にチート覚醒。
無双しつつ、奴隷の狐少女を買って旅を続けたら、チートにより狐美女になっちゃった。
二人で漫遊旅団を結成してのんびり漫遊の旅。

目覚めたら最強装備と宇宙船持ちだったので、一戸建て目指して傭兵として自由に生きたい

目が覚めたら、宇宙船の中だった。何を言っているかわからないと思うが、俺も自分で何が起こっているのかわからない。意味がわからなすぎてパニックになりそうだが、幸いなことにこれは最近やっていたゲームの世界であるように思える。なんだ、夢か。いや夢じゃないぞ。異世界転移ってやつか?そういうのってこう、剣と魔法の世界でエルフとかドワーフとかドラゴンがいる世界にするもんじゃないのか!?とにかく、原因はわからないが、俺はこの世界で生きていかなきゃならないようだ。大丈夫、愛機もあるし金も稼げる。なんとかなる! なれ!これは愛機と共に宇宙に放り出された男が宇宙を股にかけて女の子を助けたり、イチャついたり、傭兵業でお金を稼いだり、ゲーム知識を利用したえげつない手を使ったりして割と自由に生を満喫する物語である。
口コミ
SF要素もこのぐらいが最適です。ゲーム感覚とリアリティーのバランスもちょうど良いです。主人公の性格が最高で、ヒロイン達との会話劇が楽しいです。
小説らしく凄く面白いです。
特に料理の描写が素晴らしい。食べた気にさせてくれます。
読者を小説の世界に、連れて行ってくれます。
小説の世界をより堪能したい方やストリートビュー等が好きな方には特にお勧めです。
気分を味わって楽しむそういう小説です。小説のテンポも良いので疲れません。

二度転生した少年はSランク冒険者として平穏に過ごす ~前世が賢者で英雄だったボクは来世では地味に生きる~

「また転生してしまった」とある赤ん坊レクスは、英雄と賢者という二つの前世を持つ転生者だった。「今度の人生では陰謀や騒動に巻き込まれないように気をつけよう」前世の記憶から目立つ事の危険を学んでいたレクスは地味に生きる事を誓う。「そして前世からの憧れの職業、自由の象徴である冒険者になるんだ!」念願叶って冒険者となったレクスは、目立たない様地味な依頼で日銭を稼ぐ毎日を満喫する。「すみませーん、薬草採取してたらドラゴンに襲われたんでついでに狩ってきましたー」レクスは気づいていなかった。自分の地味が滅茶苦茶派手だという事実に。「それにしても冒険者ランクって簡単にあがるんだなぁ」それに気づかない少年は今日も平然と周囲の人間の度肝を抜く。
口コミ
15歳のかわいらしい少年が冒険者になるために 村をはなれ町へ地味に生きようとして 結局は目立つ 天然キャラです少年に周りの人達が 振り回されるお話でまだプロローグ的な感じの巻でした物語が動き出すのは 次巻から?
十分に面白かったですね。
このぐらいのユーモアがある方がきつい作品よりも好感が持てます。
特に気軽に持ち込んだドラゴンを巡るギルドとのやり取りがとても面白いと感じました。

王都の外れの錬金術師 ~ハズレ職業だったので、のんびりお店経営します~

私はデイジー・フォン・プレスラリア。優秀な魔導師を輩出する子爵家生まれなのに、家族の中で唯一、不遇職とされる「錬金術師」の職業を与えられてしまった。
こうなったら、コツコツ勉強して立派に錬金術師として独り立ちしてみせましょう!
そう決心した五歳の少女が、試行錯誤して作りはじめたポーションは、密かに持っていた【鑑定】スキルのおかげで、不遇どころか、他にはない高品質なものに仕上がるのだった……!
薬草栽培したり、研究に耽ったり、採取をしに行ったり、お店を開いたり。
色んな人(人以外も)に助けられながら、ひとりの錬金術師がのんびりたまに激しく生きていく物語です。
口コミ
追放されて戻ってこいと言われてももう遅い系が流行っているようですが、この作品はその真逆を行きます。両親から愛され、兄や姉から意地悪されることもなく、出会う人はいい人ばかりで主人公の成長に関わってきます。文章も読みやすく、癒やされます。あと、サブタイにのんびりお店経営とありますが、主人公はめっちゃ勤勉です。
ゲームのノベライズな感じになってますね、錬金術的な物は紀元前から存在している訳ですが現在でもレシピが潰えてオーパーツ化してしまった物は沢山有ったりするのでファンタジーとはいっても其の手のゲームにはまった方々にはド直球なやりこみ系ノベルですかね。

特級探索師への覚醒 ~蜥蜴の尻尾切りに遭った青年は、地獄の王と成り無双する~

其れは、【獄獣召喚】を授かりし少年の成長物語――――。「僕は負け組ですから、ひと一倍頑張らないといけないんです」この時代にありふれた先天性の異能力には、暗黙のうちに勝ち組と負け組の区別があった。そんな負け組の能力《小物浮遊》を生まれ持った十七歳の少年、天城テンジはプロ探索師を夢見ていた。世間では英雄やヒーローとして、羨望の眼差しを向けられる職業がこの時代の『探索師』であった。例え家庭が貧乏でも、才能に恵まれなくとも、少年はいつも前を向き続けた。そんなある日のこと――――。荷物持ちアルバイトの役割で参加した御茶ノ水ダンジョン探索で、少年は何者かに無能な荷物持ちだと判断され、『生贄』としてモンスターの前に置き去りにされてしまう。「あぁ、僕にもっと力があれば――」死に際の後悔に溺れていたそのとき、少年は未知の等級を持つ能力【特級天職 獄獣召喚】に目醒めた。地獄の果てに得たその能力は、少年の人生を大きく変えることになる。
口コミ
章ごとのストーリーの切り替えがしっかりしていて、読んでいる世界が一気に変わるので面白い

異世界魔法は遅れてる!

八鍵水明(やかぎすいめい)は、現代に生きる魔術師だ。同じく魔術師であった父の後を継いで、高校に通う裏側で人知れず真理を目指す、生粋の神秘学者である。ある時は部屋に引きこもり研究に励み、またある時は野に現れる怪異を魔術を用い無に返す、そんな生活を送るちょっと変わった一般人。そして、とある日の学校の帰り道のこと、仲の良い友人と下校中に彼らの前に魔法陣が現れる。転移魔術! 水明がそう思うも、時すでに遅し。水明達三人はなす術なく魔法陣に引きずり込まれ、異世界に飛ぶはめになった。……この物語は、友人の勇者召喚で異世界に巻き込まれた主人公が、魔族軍多すぎると魔王討伐を拒否って勇者と別れ、異世界の生活に馴染もうとしたり、慣れない人助けをしたり、なんやかんや言っても結局一人で無双してしまうお話です。
口コミ

魔術関係の専門用語が多数あるが・・・化O語やFOteやエOOンゲリオンなどと同様に
ストーリに重さを持たせている。

 

 

 

冒険者をクビになったので、錬金術師として出直します! 〜辺境開拓? よし、俺に任せとけ!

冒険者をクビになった!やけくそで生産ギルドに転職したら、なんかスゲー錬金術師になっちまったよ!開拓村で新たな生き様を刻むのだ!ポーション?いくらでも作ってやんよ! 伝説級をな!
口コミ
生産ギルドで相方になったノームのヒロインも可愛いし、村の管理者として来た貴族の子たちも良い子だし、村のみんなから頼られたり、冒険者時代の仲間が村に来てくれたり、みんなでドラゴン退治したり…落ち込むことも悲しいことも起きないし、1巻だけでもきれいにまとまっているので、疲れてたり、嫌なことが起きた日の終わりに読むのにぴったりな1冊かと思います。
追放されますが、その真の理由は力の源である紋章が体に合わなかったためで、紋章を変えることですぐに力を発揮します。冒険から生産へ。生きる道を変えて主人公クラフトは成り上がっていきます。その過程がとても面白いです。

影の英雄の日常譚 ~勇者の裏で暗躍していた最強のエージェント、組織が解体されたので、正体隠して人並みの日常を謳歌する~

暗殺、護衛、諜報、捕縛――。王国の暗部である「機関」のエース、トゥエイトは、国のため、あらゆる汚れ仕事を請け負い、勇者の魔王討伐を影から支えた。トゥエイトはやがて勇者以上の功績を残し、知る人ぞ知る「影の英雄」となる。しかし魔王討伐が果たされた後、機関の解体が決定した。解体に際し、トゥエイトは上司から進路を相談される。幼い頃に機関に拾われてからというもの、一度も平凡な日常を歩んだことのないトゥエイトは、「人並みの日常を謳歌したい」と告げた。後日。トゥエイトは上司の勧めで、王国最大の学び舎であるビルダーズ学園に入学することになった。そこで待っていたのは、求めていた人並みの日常と、一癖も二癖もある学友たちだった。魔王が討伐されても、世界が平和になったわけではない。魔王の遺産。敵対する組織。そして自国の膿。王国にはまだまだ戦の種がある。魔王討伐。それはあらゆる脅威を孕んだ、不安定な時代の幕開けだった。求めていた日常は、気を抜けばあっという間に崩れ落ちる。これは元”裏”の世界の住人でちょっと不器用な少年が、目の前の日常を守るために、戦って、抗って、精一杯生きようとする物語。
口コミ
最後のシーンで見せる主人公の意思にゾクゾクした。最高のエージェントとしての過去を持ち、普通を目指す作品は他にもある。主人公の能力の高さ、貴族の差別、能力が高いヒロイン。
ある意味すっきりとする話だと思いました。まぁ主人公の過去、現在でギャップ。色々あって主人公活躍。

 

スキル『台所召喚』はすごい!~異世界でごはん作ってポイントためます~

仕事に疲れた帰り道。女子高生にぶつかって、気づいたら異世界召喚されてしまった……。なにやらその女子高生はすごいスキルを手に入れた聖女様で、私は巻き込まれてしまっただけの一般人らしい。そんな私が授かったスキルは――『台所召喚』?
口コミ
聖女として召喚される話はよく読みますが、これは一味違います。聖女の召喚に巻き込まれたOLさんが、『台所召喚』という不思議なスキルでおいしい料理を作り、キッチンをより豪華にグレードアップしていきます。料理がとっても美味しそうです。自発的に護衛になってくれた騎士・イケメンシロクマさんはじめ、周りの人たちもみんな根はいい人で、心温まるお話です。

作者、食べるのが大好きなんだな♡と読みながら感じれる作品です
主人公のスキルも徐々にアップしていってるので、今後の展開もどんな料理が出てくるのが、気になるところです

 

軍オタが魔法世界に転生したら、現代兵器で軍隊ハーレムを作っちゃいました!?

27歳童貞、元いじめられっ子で元引きこもりの金属加工会社員、オレこと堀田葉太は、現代兵器大好きな軍オタであり、銃オタでもあった。自前の金属加工技術を使ってハンドガンが作れないか夢想していたオレは、逆恨みである日、殺されてしまう。だが――目を覚ますと赤ん坊の姿で魔法・魔術が存在する異世界に転生していた!? マンガ好きでもあるオレは魔法を習得しようとするが、しかし魔法・魔術の才能は『ほんの僅か』。その魔力では魔術師として生きていくのは無理、と孤児院の主で育ての親の巨乳ウサ耳魔術師エルに言われてしまう。だがそこは元日本下町の技術屋、その知能と魔法加工技術と魔術道具を駆使し、現代兵器――リボルバー、アサルトライフル、スナイパーライフルなどを作り出すことに! 銃が暴発して指が吹っ飛んだりして、銀髪の犬耳幼なじみ(巨乳予定)のスノーが心配のあまり抱きついてきてふがふが(あいつはオレの匂いが大好きらしい)する中、とうとうオレはリボルバー『S&W M10』を作成し、初めての敵、魔物と対峙する――。これは、後の世において、その知能と独自の魔道具による軍事力で革命的とも言われる英雄となり、自分だけの軍隊(ハーレム)の力で世の中の人を救おうとした1人の男になるかもしれない少年の物語――
口コミ
転生主人公チートモノとしては、ちゃんとストーリーにメリハリあって面白かったですよ。
WEB版既読ですが、こんなに面白かったっけ?というくらい読みやすく、爽快感もあり、気がついたら読み終わってました。
あんまり銃は詳しくないのですが、それでも十分楽しめました。
Sponsored Link
最新情報をチェックしよう!
>SEO初心者に最強のWordPressテーマ「THE THOR」

SEO初心者に最強のWordPressテーマ「THE THOR」

理想が詰まったテーマ『THE THOR』、アクセスや収益アップ、集客・収益化支援システムが搭載されていて、初心者から玄人まで役に立つ!