小説(WEB、書籍)の最新情報、読者の反応、おすすめ作品紹介

【ノベルアップ+】読んで後悔なし、絶対に面白いノベルアップおすすめ恋愛/ラブコメ作品

Web

どうも!管理人の林神です。

最近は、ノベルアップの作品を読むことがマイブームです。探しやすいし読みやすいので、ついつい読みすぎて朝になることも… …

そんな今回は、ノベルアップ+おすすめラブコメ作品を紹介したいと思います。

 

Sponsored Link

ノベルアップ+恋愛/ラブコメおすすめ作品

読書疲れで休暇を満喫していました。お久しぶりです。今回はノベルアップ+から、ラブコメ作品をピックアップして紹介したいと思います。甘いものから、ちょっぴり苦い作品まであるので良かったら読んでみてください。

 

 

 

 

Sponsored Link

さよなら私のドッペルゲンガー

作者名

 新田漣

ジャンル 

恋愛/ラブコメ

タグ 

ギャグ HJ大賞2020後期 コメディ 現代日本 日常 恋愛 青春 感動 泣ける 高校生 シリアス ハッピーエンド ノベプラオンリー 男主人公 ライト文芸

作者の一言

愛すべき馬鹿達の笑って泣ける青春復讐劇

あらすじ

なんとかなるでしょ、だって夏だし」 京都市内で一人暮らし中の高校生、墨染郁人は『ノリと勢いだけで生きている』と評される馬鹿だ。そんな墨染の前に、白谷凛と名乗る少女の幽霊が現れる。 なんでも凛はドッペルゲンガーに存在を奪われ、死に至ったらしい。不幸な最期を遂げた凛が願うのは、自分と成り代わったドッペルゲンガーの殺害だった。 凛の境遇に感じるものがあった墨染は、復讐劇の協力を申し出る。友人である深谷宗平も巻き込んで、奇想天外かつ法律スレスレの馬鹿騒ぎを巻き起こしながらドッペルゲンガーと接触を重ねていく――――。 幽霊になった少女の、報われない恋心と復讐心。 人間として生きるドッペルゲンガーが抱える、衝撃の真実。  ノリと勢いだけで生きる馬鹿達の、眩い青春の日々。 これは、様々な要素が交錯する夏の京都で起きた、笑いあり涙ありの青春復讐劇。

 

2021年恋愛/ラブコメ作品No.1だと思います。

 

 

 

 

作者
新田漣

100話後に付き合う男女

作者名 

澄崎そうえい

ジャンル 

恋愛/ラブコメ

タグ

 男主人公 女主人公 現代日本 学園 日常 ノベプラオンリー コメディ 毎日投稿 100話 ほのぼの ハッピーエンド

あらすじ

お互いに好きあっているのになかなか気持ちを伝えられない2人、春斗と千聖。 そんな2人の些細な日常を描くラブコメディ

都合のいい作品です。勿論いい意味です。

サブタイトルがどれも素晴らしい。

 

 

『ネガティ部!!』~美男美女ばかりなのに『普通?』の俺が入部しても大丈夫なのか!?~

作者

NOV

 

 

ジャンル 

恋愛/ラブコメ

タグ 

ラブコメ 美少女 男主人公 学園 ハーレム ハッピーエンド 日常 R15 突っ込み 部活 高校生 HJ大賞2020後期

あらすじ

「私立名染伊太(なぞめいた)学園」に入学した俺は『文化部』がある学園の『別館』に来ていた。  そこはあまりにも暗く運動部の様な活気もない。俺はがっかりして帰ろうとしたが、そんとき俺に少し暗そうな人だが、超美人の女の人が声をかけてきた! 『お願いです!! ア…アナタが入部してくれないと…私…死んでしまうんです!!』 「へっ? は―――ッ!!??」どっ…どういう意味だっ!?  そして俺が仕方なく『仮入部』をする事にした部活の名前があまりにもふざけた名前だったんだ。  部活の名前は『ネガティ部』……  なんちゅう名前の部活なんだっ!?  入部しただけで性格が暗くなっちまうぜ!!  しかし部活の名前はヘンテコリンだが、部員達は凄かった……  えっ? 何が凄いかだって?  それは全員、超が付く程の『美男美女』揃いって事さ!!  ただ性格がアレなんだけどなぁ……  美男美女だけど、ネガティブな性格の部員達と『普通の人』と言われるのが嫌いな自称『突っ込みマスター』の『布津野 一矢(ふつの ひとや)』が繰り広げるドタバタラブコメディ 「こ…こんな人達と一緒に、俺はちゃんと部活動出来るのかっ!?」

1話から始まる腹筋崩壊。大阪生まれで、父親がお笑い好きでDVDを見て育った主人公。ツッコミが的確すぎて面白い。

 

 

作者
NOV

誰にも注目されない俺が、なぜか美少女ギャルに急接近される日常!?

作者名 

潮ノ海月

ジャンル 

恋愛/ラブコメ

タグ 

男性主人公 高校生 ギャル 美少女 イチャラブ アマアマ 同棲 ハッピーエンド HJ大賞2020後期

あらすじ

高校2年生に入り、俺は窓際の列の一番後ろという「特等席」を手に入れた。 これで誰にも気兼ねすることなく、1人をおう歌できると大いに喜んだ。 すっかり、隣に席があるのも忘れて、1人で喜んでいた俺がいた。 隣に座ったのは、クラスでも上位に君臨する、茶髪ギャルのヒロイン。 ギャルの中では学年NO1と言われるほど、きれいで可愛い。 まさか毎日、このヒロインに頭を悩ませることになるとは思ってもみなかった。 どこまでも平凡で、どこにでもいるモブ筆頭の俺が、なぜか美少女ギャルに 毎日、急接近される日々が始まる。

どうして恋愛作品は窓際一番うしろから始まるんだ?

 

作者
潮ノ海月
Sponsored Link
最新情報をチェックしよう!