小説(WEB、書籍)の最新情報、読者の反応、おすすめ作品紹介

ヤンデレ好きに聞いたカクヨムヤンデレおすすめ作品

  • 2021年11月5日
  • 2021年11月8日
  • Web
Web
Sponsored Link

カクヨムヤンデレ作品

読んでてゾクゾクするカクヨムヤンデレ作品をまとめてお届けします。

評価の高い作品から書籍化された大人気の作品を厳選して紹介します。

 

Sponsored Link

おすすめ記事

目次 1 小説家になろうアニメ化作品5選2 無職転生 ~異世界行ったら本気だす~3 転生したらスライムだった件4 神達に拾われた男5 魔王学院の不適合者~史上最強の魔王の始祖、転生して子孫たちの学校へ通う~ Sponsored Link小説家になろう […]

注目の作品をまとめてみました!   目次 1 作品情報2 反応 Sponsored Link作品情報 YouTube公開1ヶ月で100万再生突破の大人気ラブコメディ!「ブラック企業ファァァァァアァァ~~~~~~ック!!!」風間マサト、26歳 […]

目次 1 小説家になろうおすすめスクールラブ作品2 お隣の天使様にいつの間にか駄目人間にされていた件3 お見合いしたくなかったので、無理難題な条件をつけたら同級生が来た件について4 俺にトラウマを与えた女子達がチラチラ見てくるけど、残念ですが手遅れで […]

目次 1 カクヨムおすすめVtuber作品2 VTuberなんだが配信切り忘れたら伝説になってた。3 絶対に目を付けられてはいけないVtuberに見つかってしまった4 自作3Dモデルの素材を宣伝するためにVtuberになったら予想外に人気出てしまった […]

目次 1 カクヨムおすすめNTR作品2 彼女にフラレて山を彷徨ってたら妖刀拾った3 そういえば俺、最強の『空間術士』だったわ。〜幼馴染は寝取られ、その上裏切られて殺されかけたので、もうテキトーに生きていこうと思う〜4 浮気されたけど特になんとも思って […]

 

 

テイルズ・オブ・西野

作者 ぶんころり(金髪ロリ文庫)

 

あらすじ

青春の尊さに気づいたフツメン高校生「西野」が、最強異能パワーを駆使して学園カーストを駆け上ろうと試みるも、一向に登ることができそうにない現代ファンタジー。ヒロインはヤンデレ。なお、この物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません。

一言

ヒロインがどれも魅力的

 

 

 

 

渡る世間はヤンデレしかいねえ

作者 新世界のウサギさん

 

あらすじ

家族も友人もクラスメイトも行きつけの店の店員さんも赤の他人も、みんなヤンデレだったら……いや、みんなヤンデレです。

胃薬、欲しい。

一言

胃薬ほしい。

 

最近彼女が冷たいので別れたら、ヤンデレになりました。

作者 里村詩音

 

あらすじ

最近、俺の彼女が冷たい。付き合った当初は周りも呆れるほどのバカップルだったが、一年経過しようとする最近では、デートはおろかキスもセックスも拒否され、あまつさえ手も握るのを遠慮される日々。さらに彼氏の俺に、冷たい彼女は数々の罵倒を繰り返す。こんなの、付き合ってると言えるのか?頭に来た俺は、彼女に別れを切り出す。すると、彼女の様子がおかしくなり···彼女はヤンデレ化してしまった。俺、この女から逃げられるのだろうか?

一言

読めばわかる。ヤンデレ嫌いの方にも読んでほしい

 

 

堕落のラブコメ〜敏腕プロデューサーの俺、一目惚れした清楚系美少女を”落”したい一方で、育てた国民的美少女たちが全員、”堕”ちて(ヤンデレになって)いく件

作者 悠/陽南ゆうい

 

あらすじ

【読み進めるほどに恐怖《ヤンデレ》が増す”堕落ラブコメ”】 「親父。俺、事務所辞めるわ」 大手芸能事務所の社長の息子にして、高校生ながら敏腕プロデューサーの佐藤卓(さとうすぐる)はある日、社長(父親)の前であっさりそう言った。 もちろん社長は大パニック。 今、大活躍中の3人組アイドル、女優、歌手。彼女たちを国民的に有名にし、事務所の顔である【Tak】は佐藤卓なのであるからだ。 「理由? 転校生の清楚系美少女に惚れたから」 こんな無茶苦茶な理由で、みんなに内緒で一時的に事務所を抜けた卓だったが、彼女たちはすぐさま異変に気づき——— 学校では冴えない陰キャ。芸能界では敏腕プロデューサーな男を巡り、ざまざまなヤンデレ型を持つ国民的美少女たちが動き出す。 国民的美少女が堕ちるのが先か、 好きな人を落とすのが先かの堕落ラブコメ開幕——— 「頼むから俺に普通の恋愛をさせてくれ!!」

一言

闇落ちからの襲撃的なエッセンス

 

 

 

俺と許嫁のヤンデレ幼馴染との日常

作者 輝久

 

あらすじ

竜堂一華。 彼女は日本を代表する超大手株式会社『RUDE』の社長令嬢にして品行方正、成績優秀、そしてなにより超絶美少女の高校生だ。 そんな彼女はなんの偶然かこの俺、鳥羽真司の幼馴染であり、許嫁だ。 あらかじめ言っておくと俺の実家、鳥羽家は富裕層でも伝統ある家系でもない。ただ幼少期に社長令嬢である一華とのある出来事を社長に見られ、 無理やり許嫁の関係にさせられた。 もちろん不満なんてない。 逆玉の輿だし超絶巨乳美少女お嬢様と結婚できるなんて俺は宇宙一の幸せ者といっていいだろう。 そう、不満はない。不満はないが……不安はある。 なぜなら俺の許嫁は—————ヤンデレだった。

一言

ヤンデレ誰よヤンデレ

 

 

道に迷っている女性を助けてあげたら、バイト先の新人さん(ヤンデレ)だった。

作者 白石 幸知

 

あらすじ

ブックターミナル新宿店。そこは、僕、八色太地がバイトで働いているチェーンの古本屋だ。夜番の同僚は誰もがキャラが濃くて、大人しいけどこっそりBL漫画を描いている井野円、ゲームへの愛が極端すぎる浦佐操、就活するのが面倒だったからという理由でフリーターを続けている小千谷虎太郎さん、そして店長はオカマ口調という……。 ただでさえカオスな店に、この春新人さんを採用するらしい。……この新人の女性、つい最近会ったぞ? ……しかも、なんか、様子がおかしい……ぞ? え? また会えることを祈ってましたって……? ちょ、近い近い押し倒さないで! 個性の塊しかない人たちが働くブックターミナル新宿店に、あなたも来店してみませんか? 1冊からでも、お売りいただける本、ゲームソフト、CDDVDなど、お待ちしております。

 

一言

古本屋の中にはキャラの濃い人達が沢山!?

 

 

脈無しだと思ってた幼馴染と、俺の彼女がヤンデレで修羅場ってる件

作者 クロスディアⅡ

 

あらすじ

高橋 刃には美少女の幼馴染、神崎 鉋が居た。幼稚園の頃から一緒に居る彼は彼女に惚れていた。だが、とある事を切欠に脈無しである事を知ってしまう。その事実に落ち込んでしまった彼は、とある少女と出会う。それが今の彼女、南原 遥である。彼女との過ごす日々が彼を癒していくが、彼は知らなかった。その裏で自分を巡る二人の少女達の戦いが繰り広げられていた事を…

一言

気をつけて、貴方の後ろには… …

 

 

幼馴染の美少女騎士を嫁にしたんだが、ヤンデレ予備軍で独占欲が強いのでハーレムは無理そうです。

作者 @kmsr

 

あらすじ

帝國の第4皇子のエミリオは6歳の時に毒殺され掛けたことで前世の記憶を思い出す。 こうなったらやることは犯人捜し……は置いておいて、この世界には魔術なんて不思議な力があるので魔術の習得を目指す。 だが本来金髪碧眼の皇族の中にあって何故かエミリオは黒髪で虹彩異色症《オッドアイ》という突然変異として生まれた為に廃棄皇子として疎まれてることに……。 我流で魔術の勉強をしていたら気付いたら魔術の上位互換である魔法に? 顔を合わせる度に地獄の修行を施してくる幼馴染が嫁に? でも、この嫁、独占欲が強すぎて浮気なんてしようものならちょん切られるらしいので、嫁に徹底的に愛情を注ぐことにした。

一言

愛の素晴らしさ

 

 

友人キャラに転生したので全力でハーレム勇者をサポートしようと決意→女勇者が現れた!!

作者 猫鍋まるい

 

あらすじ

ハーレム勇者の友人キャラとしてゲームによく似た世界に転生した主人公グレンは、前世で費やした数百にも及ぶプレイ時間を共に過ごした相棒…勇者を幸せにするため全力でサポートキャラとしての使命を全する事を心に誓った。原作とは異なる幼少期に違和感を抱きつつも、勇者サポート計画の礎として仲間として加入するまでの期間をレベリングに費やしたグレンであったが、いざ出会いの地に向かうとそこに居たのは聖剣の欠片を待ちし美少女……そう、女勇者だった!何かと重い思いを抱えたヒロイン達と、女勇者という事実に困惑する主人公が織りなす世界を救う冒険碌。

一言

カオス?

 

 

壊れた俺に差し伸べたのは、君の手だけだった。

作者 里村詩音

 

あらすじ

信じている。何があっても味方。そんな言葉を聞いても、俺の心には響かない。小学の頃には泥棒呼ばわりされ、中学では痴漢呼ばわりされるという冤罪事件があって以来、家族からも疎まれるようになってしまい、感情が欠如してしまった失感情症(アレキシサイミア)の主人公・花咲彼方。誰も信じてくれず、誰も庇ってくれようとせず、誰も助けようとしなかった。それなら、何もかもの感情を無くそう。これは、感情を無くしてしまった誰も信用しない一人の男の物語。

一言

胸糞があるので耐性ない方は読まないほうが良い

 

 

 

Sponsored Link
最新情報をチェックしよう!