小説(WEB、書籍)の最新情報、読者の反応、おすすめ作品紹介

【図書速恋愛編】たいあっぷおすすめ作品3選

Web

小説家なら『イラスト』がほしいと思ったことはないだろうか?管理人も下積み時代は書籍にすることよりイラストのほうがほしいと思って活動してたのがいい思い出だ。

さて、話はそれたが6月7日に読者専用もオープンした『たいあっぷ』「観る感動」と「創る未来」を目標したサイト。なんと絵師x小説家がコラボをして一つの作品を作り上げることができるんです!!

そんな今回は恋愛編たいあっぷおすすめ作品3選

 

Sponsored Link

【図書速恋愛編】たいあっぷおすすめ作品3選

林神

輝いてる希望の小石

 

Sponsored Link

おすすめ記事

 

 

 

間宮くんはスキだらけ

高校二年の間宮創は、この上なく充実した生活を送っていた。 成績も優秀、運動だってできる。いつも決まったグループで行動はしているが、その他にも友人は多く、先生の信頼は厚い。 創は男女問わず、評判が高く、告白を受けることも多かった。 しかし、今まで一度として、恋人というものを作ったことがなかった。 なぜなら秘密があったからだ。 その秘密とは────女性に触れることができない、という体質である。 触れてしまえば、アレルギー症状が発生してしまうという弱点があったのだ。 そんな秘密を今日まで隠し続けていた創は、偶然にも事故によりアレルギー症状が出てしまったところをクラスメイトである荊棘姫こと、鈴原奏に目撃されてしまう。 そこから創と奏との秘密?の関係が始まる。そこにはクラスメイトの女子、春沢澪や生徒会長である、周防凪も関わっていき───。 女性アレルギーの主人公によるラブコメ、ここに開幕!!

クオリティが高い。この一言につきますね。

小説家x絵師のコラボだから表現により磨きがかかってる。
女性アレルギーのラブコメ。2021年反逆の狼煙をあげるだろう。

 

作者
イラストレーター
みつやさいだ
みなとあす
ジャンル 恋愛コメディ学園
ステータス ####

 

ギャルはオタクと踊りたい

「ねぇ、あたしと踊ってくれない? ――アニソンで!」  ダンスが得意なことを周囲に隠すオタク、咲楽踊介。  ある日、同じくダンサーでオタクなギャル、甘音舞に、ダンスしてるところを見られてしまう。  踊介のダンスに心を奪われた舞。 「いっしょにダンスコンテストに出てさ。アニソンが最高だって、みんなに見せつけるの!」 「絶対嫌だ」  だが、舞はめげない。 「ねぇ、あたしソレの初回限定盤持ってるよ。OVA付き!」 「マジか!」  オタクトークしたり、DVDを貸したり、いっしょにアニメ映画を観たり。オタクとして近づく舞。  踊介も根負けし、徐々に心を開いていく。だが―― 「俺……やっぱり、甘音さんとは踊れない」  踊介はどうしても人前で踊る勇気が出せない。  改めて告げる踊介に、舞が取った最終手段とは――  オタク×ギャル×ダンスの、汗と涙の青春物語。  アニメも、ダンスも、最高だ。

オタクとギャルは混ぜるな危険というイメージがあったが、いい意味で裏切ってくれた。

汗と涙の青春物語最高だった

 

作者
イラストレーター
白井直生
もなか
ジャンル 青春恋愛コメディ
ステータス ###

 

我が家に可愛い彼女がやって来た

雪が降る寒い中。俺、神崎悠斗は下校中に同じクラスの美少女、一之瀬小春に腕を掴まれた。 「好き」 小春は突然、俺にそう言ってきた。 突然の出来事に立ち尽くすことしかできない俺に、小春は俺に一歩近づき。 「ねぇ。返事、まだ?」 可愛らしく上目遣いで言う小春に俺は疑問をぶつけた。 「なんで俺を好きなの?」 小春なら俺なんかよりもかっこよくて優しい人を選び放題なはずだ。 「気づいたら好きになってたの」 予想もしない返答に呆気を取られている俺に小春は。 「ねぇ、早く返事聞かせてよ。寒い。早く言ってくれないと抱きついちゃうよ?」 「分かった。付き合う」 俺にとって小春レベルの美少女と付き合えるなら断る理由がない。 「やった! じゃあ今日からよろしくね。またね」 そしてその数時間後に小春は俺の家に訪ねてきた。 「今日から一緒に住ましてください」 「…………は?」

困ったら家に突撃だあああ。物語だから許されたこと、この行動があったからそこ今がある。

なんだろうなああ甘すぎる。

序盤から丁寧にきめ細かく描かれてるので読んでいてとても楽しい。

イラストの破壊力も効果は抜群だあああ!

 

 

作者
イラストレーター
月姫乃 映月
舞空いろは
ジャンル 恋愛青春学園
ステータス ###

 

 

Sponsored Link
最新情報をチェックしよう!