小説(WEB、書籍)の最新情報、読者の反応、おすすめ作品紹介

読書馬鹿が選ぶたいあっぷおすすめ作品

Web

どうも。林神です。

遂に始まった小説家x絵師のコラボして一つの作品を作り上げ投稿するサイト「たいあっぷ」
そんな今回はたいあっぷの魅力であるタイトル、あらすじ、イラストをみて面白そうな作品を紹介します。

Sponsored Link

読書馬鹿がたいあっぷ面白そうな作品5選

林神(りんじん)

ついにきましたね。どこまで輝きをみせるのか、とても楽しみです。

 

Sponsored Link

おすすめ記事

 

 

 

 

ギャルはオタクと踊りたい

「ねぇ、あたしと踊ってくれない? ――アニソンで!」  ダンスが得意なことを周囲に隠すオタク、咲楽踊介。  ある日、同じくダンサーでオタクなギャル、甘音舞に、ダンスしてるところを見られてしまう。  踊介のダンスに心を奪われた舞。 「いっしょにダンスコンテストに出てさ。アニソンが最高だって、みんなに見せつけるの!」 「絶対嫌だ」  だが、舞はめげない。 「ねぇ、あたしソレの初回限定盤持ってるよ。OVA付き!」 「マジか!」  オタクトークしたり、DVDを貸したり、いっしょにアニメ映画を観たり。オタクとして近づく舞。  踊介も根負けし、徐々に心を開いていく。だが―― 「俺……やっぱり、甘音さんとは踊れない」  踊介はどうしても人前で踊る勇気が出せない。  改めて告げる踊介に、舞が取った最終手段とは――  オタク×ギャル×ダンスの、汗と涙の青春物語。  アニメも、ダンスも、最高だ。

 

作者
イラストレーター
白井直生
もなか
ジャンル 青春恋愛コメディ
ステータス テーブル

 

我が家に可愛い彼女がやって来た

雪が降る寒い中。俺、神崎悠斗は下校中に同じクラスの美少女、一之瀬小春に腕を掴まれた。 「好き」 小春は突然、俺にそう言ってきた。 突然の出来事に立ち尽くすことしかできない俺に、小春は俺に一歩近づき。 「ねぇ。返事、まだ?」 可愛らしく上目遣いで言う小春に俺は疑問をぶつけた。 「なんで俺を好きなの?」 小春なら俺なんかよりもかっこよくて優しい人を選び放題なはずだ。 「気づいたら好きになってたの」 予想もしない返答に呆気を取られている俺に小春は。 「ねぇ、早く返事聞かせてよ。寒い。早く言ってくれないと抱きついちゃうよ?」 「分かった。付き合う」 俺にとって小春レベルの美少女と付き合えるなら断る理由がない。 「やった! じゃあ今日からよろしくね。またね」 そしてその数時間後に小春は俺の家に訪ねてきた。 「今日から一緒に住ましてください」 「…………は?」

 

作者
イラストレーター
月姫乃 映月
舞空いろは
ジャンル 恋愛青春学園
ステータス ####

 

 

テイマー少女の逃亡日記

 奴隷になんかなりたくない! あたしは毎日お腹いっぱいご飯を食べて、そして素敵な男性と結婚したいんです!  この物語は、奴隷として売られそうになった孤児の少女が決死の逃亡の果てにその才能を覚醒させ、森で友となったもふもふやぷにぷにな魔物達と、そして逃げた先で親切にしてくれた人々と共に幸せを掴む物語である。

 

作者
イラストレーター
一色孝太郎
アルパ閣下
ジャンル ファンタジー異世界冒険
ステータス ####

 

 

フリントロック式拳銃と転生少女

世界の滅びに抗うため、 勇者となった青年は魔王を討伐した。 凱旋することを夢想していた矢先。 青年は仲間に殺される。 毒で臓腑を焼かれ、 銃士の友が凌辱の果てに殺されて、 剣豪の友が弟子になぶり殺されて、 青年は頭を聖剣で切り落とされた。 自分の頭が転がる中、 思うことは友の「復讐」 勇者や魔王なんてどうでもいい──。 友を裏切った奴の命を奪い、 貶められた友の二人の名誉を護る──。 「本当の卑怯者」はただ、悔して唸るのみ。 視界が暗くなる中、 青年は再びこの世に生を受けた。 記憶はそのままに、か弱き少女の姿を得て。 赤い髪で三白眼。 スッキリとした鼻立ちの美しい少女。 かつては勇者。 いまはただの少女ザラディン。 「忘れるもんか……!」 友の雪辱を晴らす、ただ、それだけ。 14年ごしの復讐劇を今、果たすッ!

 

作者
イラストレーター
LA軍@絵師様募集中
へるにゃー
ジャンル ファンタジーアクション戦記
ステータス ####

 

 

阿吽の夜叉

朝霧 烈圭は九州のとある片田舎に生まれ、地元の高校に通っている女子高生。親兄弟はおらず、幼い頃から親戚の家をタライ回しにされていたが、現在は一人暮らしをしていた。 しかし、高校2年生の春。 転入生の不思議な双子の兄弟との出会いにより、ほとんど誰にも打ち明けたことがなかった、とある“秘密”を暴かれてしまう。 これをきっかけとし、 “人間”・“鬼”・“妖” 古より続く、この三つ巴の存在の因縁に 巻き込まれてゆくこととなる─── かつて、我々を統べる者は 隔てなく全て“夜叉”と謳われ、貴ばれた。 人の子らはそれらを心から畏れ 妖共はそれらを酷く厭う。 古き夜の帷を上げ、 始まりの朝を呼ぶ彼らを 我々はこう呼んだ───── 『阿吽の夜叉』 これは彼らの“はじまり” そして彼らの“おわり”を紡ぐ、 幾多の夜叉共の物語─────

 

作者
イラストレーター
鹿山京璽
鳥海えな
ジャンル ファンタジーアクション青春
ステータス テーブル

 

 

Sponsored Link
最新情報をチェックしよう!