【読者反応まとめ2】嘘つき少女と硝煙の死霊術師

Sponsored Link

嘘つき少女と硝煙の死霊術師読者

第15回小学館ライトノベル大賞にて審査員特別賞作品『嘘つき少女と硝煙の死霊術師読者』の読者反応をまとめてお届けします。

 

作品情報

Sponsored Link

あらすじ

死は別れではなく、新しい出発だった。死霊術ーーそれは死者を蘇らせ使役する魔導の秘奥。それを繰る術師たちは国にあだなす存在を密かに粛清するという役割をもって、ヴェルサリウスという国家の陰なる基盤となった。その術師の一人であるウィリアムは、相棒の“死骸”ライニーとともに龍を使役する盗賊の粛清を行うなか、国を、そして死霊術師たちそのものを揺るがす第二の革命の存在を知る。革命派の襲撃によってライニーを失いかける絶望の底で、ウィリアムは彼女との再会を願った最初の夜の記憶を思い出していく。これはたった一人の少女のために、死を否定した少年の物語。

 

作者

岸馬鹿縁 (著)

ノキト (イラスト)

 

 

Sponsored Link

感想まとめ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一言

少全体的にまろやかだった。誰でも読めるファンタジー作品だと思うので気になる人は読んでみてね〰

 

 

 

Sponsored Link
最新情報をチェックしよう!
>SEO初心者に最強のWordPressテーマ「THE THOR」

SEO初心者に最強のWordPressテーマ「THE THOR」

理想が詰まったテーマ『THE THOR』、アクセスや収益アップ、集客・収益化支援システムが搭載されていて、初心者から玄人まで役に立つ!