小説(WEB、書籍)の最新情報、読者の反応、おすすめ作品紹介

【完結済み】時間がなくても読みたい小説家になろう超面白かった作品

小説家になろうにはたくさんの作品があります。

 

作品数が多いのは飽きることがないというメリットがありますが、自分の好みの作品を見つけるまで時間がかかるデメリットもあります。

だったら、作品を紹介してデメリットを減らせばいいじゃないかということで!

小説家になろう超面白かった作品を紹介します。

 

目次
Sponsored Link

読書馬鹿が選ぶ小説家になろう完結済みおすすめ作品

完結済み作品って続きを待たなくてもいいというのが最大のメリットですよね!

Sponsored Link

おすすめ記事

 

 

成長チートでなんでもできるようになったが、無職だけは辞められないようです

俺、一之丞は就職100連敗、さらに記録更新中の無職だった。 面接に向かう途中、トラック事故に巻き込まれ、あえなく死亡。 そして、女神から常人よりも400倍のスピードで成長する能力を授かり、まるでゲームのような異世界へ。 だけれども、無職のままだと成長しても強くなれないことを知り、転職を目指した俺だったが、何の因果か無職の凄さを知る。 成長チートと無職チートで異世界を駆け上がる、ハローワークから有害図書認定されること間違いなしの冒険譚、ここに開幕。

『飯炊き女』と呼ばれている騎士団の寮母ですが、実は最高位の聖女です

ルーシーが『飯炊き女』と、呼ばれてそろそろ3年が経とうとしている。王宮内に兵舎がある王立騎士団【鷹の爪】の寮母を担っているルーシー。 孤児院の出で、働き口を探してここに配置された事になっているが、実はこの国の最も高貴な存在とされる『金剛の聖女』である。王宮という国で一番安全な場所で、更には周囲に常に複数人の騎士が控えている場所に、本人と王族、宰相が話し合って所属することになったものの、存在を秘する為に扱いは『飯炊き女』である。働くのは苦では無いし、顔を隠すための不細工な丸眼鏡にソバカスと眉を太くする化粧、粗末な服。これを襲いに来るような輩は男所帯の騎士団にも居ないし、聖女の力で存在感を常に薄めるようにしている。何故このような擬態をしているかというと、隣国から聖女を狙って何者かが間者として侵入していると言われているためだ。隣国は既に瘴気で汚れた土地が多くなり、作物もまともに育たないと聞いて、ルーシーはしばらく隣国に行ってもいいと思っているのだが、長く冷戦状態にある隣国に行かせるのは命が危ないのでは、と躊躇いを見せる国王たちをルーシーは説得する教養もなく……。そんな折、ある日の月夜に、明日の雨を予見して変装をせずに水汲みをしている時に「見つけた」と言われて振り向いたそこにいたのは、騎士団の中でもルーシーに優しい一人の騎士だった。
作者
真波潜

クラスの女子に使い捨てられた俺。もうどうにでもなれと思い不良の仲間入りを果たそうと思ったら……みんないい人過ぎたんですけど⁈ えっ? お前になら妹を任せられる? って、こないだ助けた子じゃん!

クラスの女子に使い捨てられた、冴えない主人公。 ふとしたきっかけで、不良っぽいイケメン三人衆と出会い……えっ? お前になら妹を任せられる? というか、めちゃくちゃ三人、いい人なんですけど⁈ ってか、紹介された子、こないだ助けた子じゃん! そしてまさかの、全員同じ学校で、有名人だった⁈桜色の髪が特徴的な少女。 不器用な二人が、少しずつ距離を縮めていき、いつしか……「怜太さん、私と一緒に、いてくれますか?」クラスの女子に使い捨てられた主人公が、人並み以上の幸せをつかみ取る。 たくさんの友達と、クラスメイトと、愛する人に囲まれて、輝かしい青春の日々へ――

転生特典【経験値1000倍】を得た村人、無双するたびにレベルアップ! ますます無双してしまう

田舎村に住むアラフォー農民のマリウス。 ある日、村が帝国軍の侵略を受けて壊滅。 彼も殺されるが、神の力によって転生特典【経験値1000倍ボーナス】を得て、復活する。村を滅ぼした帝国部隊を皆殺しにしたマリウスは、戦争を終結させるために、騎士隊長として戦うことを決意する。 戦うたびに異常なスピードで成長し、あっという間に単騎で大軍相手に無双できるほど強くなるマリウス。 戦場で連戦連勝、最強の英雄伝説が幕を開ける──

伝説の剣を使い、腐った王国を立て直す。異母兄よ、国王よ、そして防壁に守られている貴族の連中よ、最早お前達は赤の他人だ。自分の身は自分で守れよ!!

<基礎属性>という属性を持つ者、特に光と炎の属性を持つ者が優遇される国の王子として生まれたロイド。 しかし、彼は一般的に知られているどの<基礎属性>も持っていない状態であると判明した。そのとたんに国王はロイドへの態度を一変し、ロイドの母ごと王宮から追放する。 王宮から追放されたロイドと母のユリナスであったが、メイドとして仕えてくれているヨナと一般人として生活を始める。 ある日、王都を守る城壁を破壊して魔族が侵入してきた。 もちろん王宮からは騎士が派遣され、手柄を立てんとするロイドの異母兄弟である王族の姿も見ることができた。 しかし、魔族に手も足も出ないと分かった瞬間、普段尊大にふるまっている騎士は我先にとより強い防壁に守られている王宮の方に一目散に退散した。そこに立ち上がったのが、ロイドの母であるユリナスだ。 かなりの強さであるユリナスは、徐々に魔族を追い詰めていったが、ロイドの異母兄が足がすくんで逃げることができなかった所を魔族に人質にされてしまう。 異母兄は自分が助かるべき優秀な人材だ!!とロイドとユリナスを罵倒する。 ユリナスはその状況で一瞬の隙ができ、魔族の一撃を食らってしまう。 何とか魔族を討伐するが、その傷がもとでユリナスは帰らぬ人となってしまった。 その手柄を横取りした異母兄に復讐をするために、最早御伽噺となっている伝説の六剣である炎剣、風剣、光剣、闇剣、土剣、そしてそれらを統べる無剣の持つ究極の力を手に入れて復讐を果たしつつ、魔族や上位の存在である悪魔と闘って行く。
作者
焼納豆

黄金の経験値

あらゆる仕事が、あらゆる趣味が、あらゆる生活がVRと切り離しては語れない。そんな世の中になった時代。そんな時代の最新技術を駆使して開発されたVRゲーム、その名も「Boot hour,shoot curse」。 クローズドβテストでぼっちプレイしかしていなかった主人公は、その正式サービスでたくさんのフレンドを作り(プレイヤーのフレンドとは言っていない)、やがて巨大なクランを(プレイヤーズクランとは言っていない)束ねる存在へと成長していく。
作者
原純

ゲーマー幼女 ~訳あって攻撃力に全振りする~

【沙南がスキルを使用した。力溜め】【沙南がスキルを使用した。ベルセルク】【沙南が大技を使用した。絶技・獣神咆哮牙】【沙南のアビリティが発動。コンボコネクト+10コンボ】【沙南のアビリティが発動。カウンター+1】【沙南のアビリティが発動。HPMaxチャージ】【スライムに349万7894のダメージ】【スライムを倒した】

 

作者

馬鹿にされてきた冒険者、存在しないはずの魔法で無双する ~外れスキル【コピー】の発動条件を満たしたらゲームの中にしかない魔法を次々に現実世界で再現できるようになりました~

コピー能力と言えば強キャラの証である。 しかし彩原穂人《あやはらほびと》のコピースキルは弱い能力だった。 他人のスキルをコピーできない。他人の身体能力をコピーできない。他人の技術をコピーできない。 穂人にできることはコピー機でも出来ることばかり。 そのせいで周囲からはコピー機と馬鹿にされてしまう始末。 冒険者として三流以下の穂人だったが、ふとした切っ掛けでコピースキルの真価を知る。 現実に存在するものはコピーできないが、架空のものならばコピーできたのだ。 ゲーム内に存在する各種魔法はもちろん、ショートカット機能、アイテムボックス、消費アイテム。 あらゆる架空をコピーして現実世界へと持ち込んだ穂人の逆転劇が幕を開けた。

 不遇職【クラフター】が異世界でスローライフを目指すなら ~いずれ生産職の頂点に立つ男、冒険者生活をチートサポートして、度肝をブチ抜いてしまう~

ゲームの世界で作ったアイテムで、現実に生活してみたい――。VRMMOの世界でクラフターをしていたミヤビは、心の中に思い描いていた理想の建造物『月詠の塔』を完成させた。そのことがきっかけで異世界転移を果たすと、あることに気づく。広大な大自然へ素材採取に行って、好きなアイテムを作成。実際にそれを使って生活できるなんて、夢みたいな出来事だ、と。そんな彼は、冒険者のリズと出会い、共に行動するようになる。冒険のサポートを頼まれたため、可能な限り手伝おうとしただけなのだが――。冒険とスローライフを同時に楽しもうとするミヤビの、奇想天外なモノ作り生活が始まる!
作者
あろえ

万能スキル『調味料作成』で異世界を生き抜きます!

彼女いない歴32年のタツヤは、【悲しみの魔法使い】となって異世界へ転移する。 圧倒的に弱いステータスを悔やみつつも、子供に若返ったことを喜び、女の子にモテようと決意。趣味だった料理とお菓子作りのおかげで得たユニークスキル【調味料作成】と【アイテムボックス】を駆使して、異世界を乗り越えて行く。ゴブリンを醤油で薙ぎ倒し、ウルフは卵でトドメを刺す。 そして、異世界に存在しない料理とお菓子を作り、仲間達の胃袋をつかんでいく。「これはから揚げです」 「なんなの……見るだけでおいしい料理って存在していいの?」これは、1人のモテたいだけの紳士的な子供が、子供という立場と調味料を使って、あざとくモテようとする変態物語である
作者
あろえ

 

Sponsored Link
最新情報をチェックしよう!