小説(WEB、書籍)の最新情報、読者の反応、おすすめ作品紹介

【第二回】RT企画応募作品

どうも!管理人の林神です。

企画で集めた作品を頭空っぽにした状態で読むと、作者のこだわりが伝わってくるような気がします。

そんな今回はRT企画で読んだなろう カクヨムおすすめマイナー作品を紹介します!

 

Sponsored Link

【第二回】これだけは読んでおいたほうがいい絶対に面白いなろう カクヨム マイナーおすすめ4作品

どうも!仕事で物語を読むときは評価をしながら読まないといけませんが、企画で読む場合は趣味として読めるので楽しいです。

 

Sponsored Link

おすすめ記事

 

 

 

自宅で寝てても経験値ゲット! ~転生商人が世界最強になってムカつく勇者をぶっ飛ばしたら世界の深淵に触れてしまった件~

転生者の主人公はひょんな事から異世界のバグを発見! ついに自宅で寝ててもレベルアップしてしまうようになった。 あっという間にレベルアップを繰り返し、世界最強になってしまった俺。 剣を抜いたら出てきた魔人を奴隷にしたり、荷物持ちでダンジョンについて行ったパーティでひそかに大活躍。異世界の楽しい世界最強ライフを満喫だ。そんな俺に立ちふさがるのは街の英雄『勇者』。人気者だがその実態は女の子を喰いものにするほとんどヤクザな犯罪者。ヒロインをさらわれた主人公は勇者を懲らしめるために立ち上がる。俺は最高の晴れ舞台、武闘会にてついに勇者をコテンパンにすることに成功した。しかし、それは物語のほんの始まりに過ぎなかった……。そもそも異世界って何? 魔法って何? それは転生前の地球とどう違うの? そんな素朴な疑問が主人公をとんでもない真実へと導いていく。壮大な本格ファンタジーが今、始まる。

 

勇者vs商人から始まる物語。
ただのチート無双物語ではなく、一つ一つ丁寧に設定を作られているのに分かりやすく説明し、すらすら読めます。

 

物語において尖りが必要だと思う人もいるかもしれませんが、全く尖りがない(いい意味で)のに面白い作品って書き手の文章能力が高いからだと思っています。

最強の1年1組、理不尽スキル「椅子召喚」で異世界無双する。戦いも生活面も完璧な小学生と冒険しながら、微妙なスキルしか無い担任の私は「気持ち悪っ!」連発しながら子供たちを守り抜きます!

小学1年生が椅子でモンスターと戦い、椅子で暮らし、椅子で移動する。椅子テントは最強の防御! 防災頭巾の床も完備! 椅子トイレと椅子風呂も至れり尽くせり……だけど電源と排水がどうなってるかは全く謎!! 「待って!? 学校の椅子ってこんな使い方するもんだったっけ!?」「椅子は投げる物」と幼稚園時代から擦り込まれている子供たちがモンスターを倒せば、ドロップする黄色いコンテナには、お弁当から毛布まで必要な物が詰め込まれていて。 「何このシステム! 至れり尽くせりで気持ち悪っ!!」 担任教師は理不尽と不条理に今日も頭を悩ませる……。新白梅小学校1年1組の児童34人と担任の茂木美佳子は、遠足の途中で気がついたら異世界にいた――。 襲い来るモンスター。密かに撃退実績のある子供たち。 「椅子があればいいのに!!」――そう誰かが叫んだとき、その手には椅子が現れていた。児童の発想に頭ぐらんぐらんしながら、ひとりだけ「椅子召喚」できないみかこ先生は、今日もひとり理不尽と戦い、モンスターから子供を守るために指揮を執る。

まずこの作品を読んでいて素晴らしいと思った点は、小学生達が一つの登場人物扱いではなく、一人一人に魂が吹きこまれていて個性豊かな表現があるからこそ、現実的要素が混ざっていても違和感を感じず、スラスラ読める作品だと思いました。

 

まだ非現実的な夢を追い求めることを許される小学生一年生だからこそ生まれる物語。間違いなく人気が出る作品です!
[star rate=”4″ max=”5″ number=”4″]

 

いずれ結婚する幼馴染との同棲生活。~~高校三年間片思いしていた学年一の美少女にフラれて、絶望に明け暮れている俺に手を差し伸べてくれたのは大学生の幼馴染だった~~

「ごめんね、私——他に好きな人がいるんだ」高校三年間片思いをしていた学年一の美少女にフラれた《藤崎隼人》は、国立大学に受かったが——あまりのショックに立ち直れずにいた。絶望に明け暮れ、家に引きこもりがちになった藤崎の元に現れたのは小学生の頃からずっと一緒の幼馴染である《御坂あおい》だった。「辛かったんだね……おいで」そんな優しい一言に根負けした齢18歳の藤崎と、笑顔と優しさが取り柄の齢19歳の御坂の二人。——そんな幼馴染大学生の同棲生活。第二の青春、大人な恋愛に取り込まれていく二人。 少しだけ色っぽい幼馴染恋愛群像劇が――今、始まる。

学校で一番の美少女から振られて始まる本編。
全知全能幼馴染無双物語。

 

この作品、最大の特徴はプロローグ。

 

三年間好きだった学年一の女性に振られてしまい、ぐちゃぐちゃの心理描写を書くことによりシリアス展開不可避?だと思わせてからの世界一可愛い幼馴染が救い、甘々な生活へ!

 

へーそれだけ?と思うかも知れませんが、 この描写があるのとないのじゃ、その後物語の糖度が変わってしまうんです。

早く書籍でこの作品を読んでみたいと思いました。

 

奴隷屋の日常

黒い髪に青い目の青年、シリウス。彼は戦争によって故郷と家族を失い、拳銃屋と名乗る男性と共に、見知らぬ地であるカレスティア大陸に辿り着いた。その後長い時間を経て出会う、従者兼相棒となる青年。そして、『身内』と呼べる者たち。奴隷屋、萬屋、薬屋、拳銃屋。彼らの毎日に、特別人に話せるような驚きや興奮はない。けれど自分たちと『身内』で成り立つ日々は、なにものにも代えがたい〝良薬〟だった。 ※一話完結形式です。 ※物語の時系列はバラバラです。[

物語に出てくる売られている奴隷は檻に閉じ込められていて汚い、痩けているというのがほとんどでしょう。しかし、この作品では、ご飯を与え、風呂に入れて、キレイにして売っています。

 

でも勘違いしないでほしいのが、主人公は奴隷をあくまで商品としか思っていません。歯向かってきたり、売れなかったりすると処分します。

様々なことを考えながら読むと更に面白くなりました。

物語を改変中ということで更にパワーアップすることを応援します!頑張ってください。

 

 

Sponsored Link
最新情報をチェックしよう!