小説(WEB、書籍)の最新情報、読者の反応、おすすめ作品紹介

【超厳選週間ランキング】小説家になろうファンタジーおすすめ作品

Sponsored Link

小説家になろう週間ランキングおすすめ作品

読んでて楽しい誰でも楽しめるなろう週間ランキング作品をお届け。
注目の週間ランキング作品から書籍化されそうなくらい人気のある作品まで人気作品を厳選してまとめて紹介します。

 

Sponsored Link

おすすめ記事

【2021年】ライトノベルおすすめ作品

 

 

五年間働いていた治療師ギルドを不当解雇された“最弱”な俺。生きるために超有能スキルで‟最強”を目指します

ジャンル

ハイファンタジー〔ファンタジー〕

タグ

R15残酷な描写ありオリジナル戦記追放不遇スキルチート剣と魔法ご都合主義成り上がり治療師ざまぁざまあ男主人公どんどん強くなる主人公最強(予定)最底辺スタート

あらすじ

「そうかそうか。やはり今日がルインの誕生日だったか! ……よしっ!それじゃお前は今日でクビだ」 五年間、虐げられながらも必死に働いていた治療師ギルドを、十五歳の誕生日である今日クビと宣告された。 悔しさと自分への情けなさに絶望するが……絶望していているだけでは明日のご飯は食べることはできない。 治療師ギルドで薬草の仕分けと雑用だけをしてきた少年が、治療師ギルドをクビにされたことで、植物の仕分けでしか使用していなかった最強スキルが開花する。 これは明日を生きるために必死に藻掻き、藻掻いた最強のスキルを持つ少年の最底辺からの大逆転の物語。

 

最速進化のスライム無双 追放された俺の外れスキル<スライム>は超効率的にレベルアップするチートだったので、100倍速で鍛えて世界最強に成り上がる。

ジャンル

ハイファンタジー〔ファンタジー〕

タグ

R15冒険男主人公追放パーティ追放ざまぁ外れスキルスキルチート成り上がり主人公最強無双スライムハッピーエンドレベルアップハーレム効率化

 

S級冒険者パーティ『残忍な刃(ブルータル・エッジ)』に所属するアルクス。 彼が持つスキル<スライム>には二つの能力があった。 一つはスライムの姿に変身できる『擬態』。もう一つは自分の分身を作成できる『分裂』。 そのどちらも弱く、<スライム>は外れスキル扱いされていた。 唯一の取り柄である『分裂』を買われてパーティに参加していたが、ある日パーティリーダーのダンから追放を言い渡されてしまう。 「俺はな!! お前みたいに弱い奴を見てると虫唾が走るんだよ!! このスライム野郎!!」 暴力を振るわれ、罵倒の言葉を投げられ、アルクスはダンに復讐し、強くなることを誓う。 強くなるためにモンスターを倒していたアルクス。その時、彼はとんでもないことに気づいてしまう。 「まさか……分裂した数だけ経験値が倍になってるのか!?」 アルクスのスキルには、『分裂』した数だけ経験値が増えるという隠された能力があった。 まさにチート級のその事実に気が付いたアルクスは、誰よりも早くレベルアップを繰り返していく! 「いける……! これならダンに追いつくことができるぞ!」 着実に強くなっていくアルクス。レベルが上がっていくにつれて、<スライム>はさらに成長していく。 分裂できる数が増え、スライムのレベルが上がり、ますますレベルアップの効率が上がっていった。 一方、パーティリーダーだったダンはアルクスの成長に追いつけず、破滅の道を進んでいく。 気が付けば、アルクスは誰も追いつけない『最強』の領域へと到達してしまう――。 主人公がサクサク強くなっていく、爽快感あふれる追放ストーリー。

 

 

 

 

 

え、「戦闘力0のペテン師はいらない」って勇者パーティーから追放したよね? 〜実は誤判定で、俺こそ最強だったと気付いてももう遅い。魔王が国を襲うようですが、その魔王俺の弟子なんで暖かく見守ります〜

ライゼルはある日勇者召喚されるも、戦闘力測定器の誤判定により追放されてしまった。しかし実際は、彼は世界中のトップクラス戦闘者を100人集めても敵わないほどの圧倒的強者。ライゼルは追放された後、旅をする中、魔族も悪い奴ではないと知り、一緒に組むことにした。世界情勢が逆転してから彼の実力に気づいても、もう遅い。ライゼルを仲間にした魔族は瞬く間に栄え、ライゼルを追放した王国は急転直下で落ちぶれることとなる。

 

 

俺自身には何の力もないけれど、スキル<統べる者>で最強に。裏切った連中が落ちぶれているが知ったことか!

この世界には魔獣が闊歩している。 そして、記録があるこの数千年間の間に二度も悪魔の王・・・魔王と魔神にそれぞれ襲撃されたことがあるが、神から与えられたスキルと言う力を使って戦った。 ここ千年程は悪魔の王は現れていないが、人族は常に対応できるように上位スキルと言われている特別なスキルを持つ者達をそれぞれの国家で囲い、万が一に備えてきた。 ソレッド王国の辺境にあるナルバ村に住んでいるキグスタは、<統べる者>と言う不思議なスキルを得た。と当時に血のつながりのない妹フラウ、そして同じ村の仲間であるリルーナとホールも上位スキルを得た。 当然王都に招集され、選抜メンバーとしての活動を始める。 そこで<統べる者>の数少ない情報を得たが、スライムを扱えるだけと言う無残なスキルであることが判明した。 だが、同じ村のメンバーでパーティーを組んでいるフラウ、リルーナ、ホールは一切気にするそぶりを見せずに、鍛錬を続けていた。 そのパーティーの中に同じく上位スキルである<槍聖>のカンザが加入して、キグスタの扱いは激変する。 更に、国宝として保管している聖武具と呼ばれる人々に強大な力を付与してくれる武具が一斉に光り輝き、魔族の王が復活したことが確認された。 そんな中、鍛錬の一環としてダンジョン最下層に到達したパーティー一行。そこで対峙したのは下級ではあるが悪魔と呼ばれている種族。 全員が果敢な攻撃を仕掛けるが、少しのダメージも与えることができなかった。 その状況を利用して、キグスタはパーティーメンバー全員から裏切り行為を受ける。 だが、その行為の結果キグスタは<統べる者>の真の力を知ることになった。

 

 

作者
焼納豆

魔物を狩るな、とハンターギルドに言われたので、料理ギルドに転職したら、好待遇な上においしいものまで食べれて幸せです。魔物が増えたから復帰してくれと言われたけど、もう遅い。

 

S級ハンターのゼレットは、どんな魔物も一撃で倒せる超優秀な狙撃手。 特にSランクの魔物を倒す事に並々ならぬ執念を持っていたが、ある時Sランクの魔物から村を救ったにもかかわらず、魔物の保護を訴える貴族から「殺す必要はなかった」「眠らせばよかったのだ」「魔物がかわいそう」という理不尽なクレームを受ける。 ついにはSランクの魔物を倒す事を禁じられたゼレットは、ハンターギルドを離職することを決意する。 無職になったゼレットは、幼馴染みのパメラに相談すると、思いがけない提案がなされる。 「だったら、料理ギルドに入らない?」 魔物を獲れる食材提供者を探しているという。 最初は疑いを持っていたゼレットだったが、料理ギルドはハンターギルドより遥かに快適だった。 「あの~、竜を倒してほしいのですが、報酬はこれぐらいで」 「げ? 桁一桁違うぞ」 「深海の奥底に潜るから、危険手当が付きますよ」 「手当ってなんだ? 回復薬か?」 「クラーケンの刺身ができました。無料です」 「タダで飯が食べられるだと!?」 最初はSランクの魔獣を倒せれば満足だったゼレットも、料理ギルドの好待遇に感動する。 一方その頃、ゼレットがハンターギルドをやめて、Sランクの魔物を狩るハンターがいなくなったギルドは、徐々に増えていくSランクの魔物に戦々恐々としていた。

 

 

 

 

作者
野正行

魔術学院の最強剣士 〜初級魔術すら使えない無能と蔑まれましたが、剣を使えば世界最強なので問題ありません。というか既に世界を一つ救っています〜

 

「初級魔術すら使えない無能が、なぜこの魔術学院にいる!」魔術師としての実力で全ての地位が決まる世界で、才能がなく無能として扱われていたルーク。しかしルークは剣の勇者として異世界に召喚されたことをきっかけに、自らに剣士としての才能があることを知り、修練の末に人類最強の力を手に入れる。魔王討伐後、元の世界に帰還したルーク。そこで彼は、Aランク魔物を棒切れ一つで両断したり、国内最強のSランク冒険者の師匠になったり、騎士団相手に剣一つで無双したりなど、数々の名声を上げていくことになる。これは異世界を救った世界最強の剣士が、魔術師が支配する元の世界でも容赦なく無双する物語である。

 

 

 

Sponsored Link
最新情報をチェックしよう!