小説(WEB、書籍)の最新情報、読者の反応、おすすめ作品紹介

小説家になろう勘違い系主人公オススメ作品3選

どうも!管理人の林神です。

勘違い系の主人公って見ていてドキマギするときがあります。しかし、話が進むにつれ自信に変わりゆく姿を見る時は感動してしまいます。

今回は小説家になろうに5,454作品の中から管理人的絶対に読んでほしいオススメ作品3選を紹介します

Sponsored Link

【小説家になろう】読書馬鹿が選ぶなろうおすすめ勘違い系作品

本当は強いのに最弱だと思うのもいいけど、弱いのに最強だと思うのも面白いよね

Sponsored Link

勘違いしないと決心した俺は、それでも勘違いしてるらしい

ジャンル
現実世界〔恋愛〕
キーワード
R15 残酷な描写あり スクールラブ 日常 青春 ラブコメ すれ違い 勘違い 現代 学園
俺ーー霜月湊は、天瀬晴翔という完璧超人の幼馴染を持つ、なんの変哲もない男子高校生だ。そんな俺が可愛い後輩から告白⁉︎と思ったら晴翔にラブレターを渡して欲しいっていうお願いだった。 その時、俺は決心した。今後はこんな勘違いはしないと。 すると、次は美少女幼馴染から告白⁉︎ 今度は間違えない。 おそらく俺は何か勘違いしているのだろう。 冷静に考えろ、俺。 これは平凡な主人公が勘違いしないように気をつけてるのに勘違いしてしまう、勘違いラブコメ。

【連載版】俺は冒険者ギルドの悪徳ギルドマスター~無駄な人材を適材適所に追放してるだけなのに、なぜかめちゃくちゃ感謝されている件「なに?今更ギルドに戻ってきたいだと?まだ早い、君はそこで頑張れるはずだ」

ジャンル
ハイファンタジー〔ファンタジー〕
キーワード
R15 残酷な描写あり 男主人公 主人公最強 追放 ざまぁ もう遅い まだ早い 鑑定 ギルド 勘違い 溺愛
主人公アクトには、人の持つ隠された才能を見抜き、育てる才能があった。しかしそれに気づかない無知なギルドマスターによって追放されてしまう。数年後、アクトは自分のギルド【天与の原石】を作り、ギルドマスターの地位についていた。 彼はギルド構成員たちを次から次へと追放していく。 「鍛冶スキルなど冒険者ギルドに不要だ。出ていけ。鍛冶師ギルドの副支部長のポストを用意しておいたから、そこでせいぜい頑張るんだな」 「ありがとうございます! この御恩は忘れません!」 「(なんでこいつ感謝してるんだ?)」 【天与の原石】は、自分の秘めた才能に気づかず、理不尽に追放されてしまった弱者たちを集めたギルドだった。 アクトは彼らを育成し、弱者でなくなった彼らにふさわしい職場を用意してから、追放していたのだ。 しかしやっぱり新しい職場よりも、アクトのギルドのほうが良いといって、出て行った者たちが次から次へと戻ってこようとする。 「今更帰ってきたいだと? まだ早い。おまえ達はまだそこで頑張れる」 アクトは元ギルドメンバーたちを時に励まし、時に彼らの新生活を邪魔するくそ上司たちに制裁を与えて行く。 弱者を救済し、さらにアフターケアも抜群のアクトのギルドは、より大きく成長していくのだった。

最弱で迫害までされていたけど、超難関迷宮で10万年修行した結果、強くなりすぎて敵がいなくなる~ボッチ生活が長いため、最強であることの自覚なく無双いたします。

ジャンル
ハイファンタジー〔ファンタジー〕
キーワード
R15 残酷な描写あり 主人公最強 勘違い 追放 ざまぁ 男主人公 無双 ダンジョン軟禁 王女 ドラゴンの養女 召喚系アイテム 性格変貌
【この世で一番の無能】――これはカイ・ハイネマンが13歳の神殿の天啓で得たギフトである。 このギフトを得たせいで、カイの身体能力は著しく虚弱となり、成長率も最低となってしまう。そう、それは誰もが哀れみ侮蔑するクズギフトのはずだった。だが、このギフトにはあらゆる事項につき限界がないという効果もあったのだ。 まさに、全知全能の神も予想すらしなかった偶然により、この【この世で一番の無能】のギフトホルダーであるカイ・ハイネマンは、一切歳をとらず、外界の時間も停止するという悪質極まりないダンジョン内に閉じ込められてしまう。 結果、最低最悪の科学反応が起こり、至上最強の生物が世界に産み落とされる。 ――これは、ボッチ生活があまりに長すぎたために、一般常識が著しく欠落した勘違い剣士が、ダンジョン内で得た配下の者どもを引き連れ、世界に混乱と騒動を引き起こす物語である。
Sponsored Link
最新情報をチェックしよう!