小説(WEB、書籍)の最新情報、読者の反応、おすすめ作品紹介

俺TUEEE好きが選ぶ小説家になろう主人公最強おすすめ作品

読んでで超爽快小説家になろう主人公最強作品をまとめてお届けします。

書籍化された人気作品から人気を集めてきている作品を厳選して紹介します。

 

Sponsored Link

関 連 記 事

目次 1 小説家になろうアニメ化作品5選2 無職転生 ~異世界行ったら本気だす~3 転生したらスライムだった件4 神達に拾われた男5 魔王学院の不適合者~史上最強の魔王の始祖、転生して子孫たちの学校へ通う~ Sponsored Link小説家になろう […]

注目の作品をまとめてみました!   目次 1 作品情報2 反応 Sponsored Link作品情報 YouTube公開1ヶ月で100万再生突破の大人気ラブコメディ!「ブラック企業ファァァァァアァァ~~~~~~ック!!!」風間マサト、26歳 […]

目次 1 小説家になろうおすすめスクールラブ作品2 お隣の天使様にいつの間にか駄目人間にされていた件3 お見合いしたくなかったので、無理難題な条件をつけたら同級生が来た件について4 俺にトラウマを与えた女子達がチラチラ見てくるけど、残念ですが手遅れで […]

目次 1 カクヨムおすすめVtuber作品2 VTuberなんだが配信切り忘れたら伝説になってた。3 絶対に目を付けられてはいけないVtuberに見つかってしまった4 自作3Dモデルの素材を宣伝するためにVtuberになったら予想外に人気出てしまった […]

目次 1 カクヨムおすすめNTR作品2 彼女にフラレて山を彷徨ってたら妖刀拾った3 そういえば俺、最強の『空間術士』だったわ。〜幼馴染は寝取られ、その上裏切られて殺されかけたので、もうテキトーに生きていこうと思う〜4 浮気されたけど特になんとも思って […]

 

Sponsored Link

2021年 すすめラノベ

 

 

 

 

 

 

俺は全てを【パリイ】する 〜逆勘違いの世界最強は冒険者になりたい〜

ジャンル ハイファンタジー

 

あらすじ・作者

其れは、【パリイ】を極めし者の物語────。「全てにおいて、一切の才能がない」十二歳でそう判定された才能なしの少年、ノールは一人、生まれ育った山に籠り鍛錬することを決意する。努力すれば、いつか自分だって。幼い頃に聞いた冒険譚の主人公のようにだってなれるはず。そんな希望を胸に秘め、ただ一つ身につけた剣技【パリイ】でひたすら目の前の木剣を弾き続けた。そして、十数年の月日が流れ────。「パリイ」やがて、剣を振るわずして千の木剣を弾けるようになった男は思う。いくら努力しても、望んだ結果は得られなかった。そろそろ自分も夢から醒める頃合いなのかもしれない。それでも、幼い頃に思い描いた夢を捨てられず、男は再び街へと向かった──。◇◇◇これは、いつのまにか世界最強クラスの力を手にしているのに、一切気がつかないまま強敵を打ち倒していく男の英雄譚である。

 

作品ページ

限界超えの天賦《スキル》は、転生者にしか扱えない ー オーバーリミット・スキルホルダー

ジャンル ハイファンタジー

 

あらすじ・作者

「人には等しく、8枠の天賦《スキル》ホルダーがある。【腕力強化】のような1枠ならよいが、レアなスキルは4枠や5枠、あるいは8枠すべてを使ってしまうでのう」天賦珠玉《スキルオーブ》が発掘されるオーブ鉱山で、ヒンガ老人は僕にそう語った。だけど僕ら「奴隷」は契約魔術でスキルを取得できず、奴隷に未来なんてものはなかった。それは運命の日。鉱山を所有する貴族——つまり僕らの「主」がオーブ鉱山に視察に来た。地震によって崩落する天井。貴族の脳天に直撃する岩塊。貴族の死。瞬間、僕らの契約魔術が消える。目端の利いた奴隷は走った。スキルオーブが格納されている倉庫に。そしてレアなスキルを取り込むと、目を疑うような能力や魔法によって警備兵を薙ぎ倒し、鉱山から飛び出していく。暴動だ。出遅れた僕に拾えるオーブはなかった——終わった。僕はまた奴隷戻りだ。絶望したときに見たのは、「あり得ないスキルオーブ」だった。ホルダー「10枠」を使う【森羅万象】《ワールド・ルーラー》。使える人間がいないことから研究者以外、興味を持たれない、規格外のスキルオーブ。だけれど僕は、【森羅万象】を取り込むことができた——なぜか?それは僕が「転生者」だったから。僕には一般人の8枠+8枠、「合計16枠」ものスキルホルダーがあったから。鉱山は包囲され、出口は1か所。僕の手には謎のスキル【森羅万象】。さあ、どうする——。

 

作品ページ

シャングリラ・フロンティア〜クソゲーハンター、神ゲーに挑まんとす〜

ジャンル VRゲーム

 

 

あらすじ・作者

世に100の神ゲーあれば、世に1000のクソゲーが存在する。
バグ、エラー、テクスチャ崩壊、矛盾シナリオ………大衆に忌避と後悔を刻み込むゲームというカテゴリにおける影。
そんなクソゲーをこよなく愛する少年が、ちょっとしたきっかけから大衆が認めた神ゲーに挑む。
それによって少年を中心にゲームも、リアルも変化し始める。だが少年は今日も神ゲーのスペックに恐れおののく。
「凄い! 慣性と重力が常識的だ!!!」

 

作品ページ

嘆きの亡霊は引退したい 〜最弱ハンターは英雄の夢を見る〜

ジャンル ハイファンタジー

 

 

あらすじ・作者

世界各地に存在する宝物殿とそこに眠る特殊な力の宿る宝具。富と名誉、そして力。栄光を求め、危険を顧みず宝物殿を探索するトレジャーハンター達が大暴れする時代。
幼馴染達と共に積年の夢であるハンターとなったクライは、最初の探索で六人の中で唯一自分だけ何の才能も持っていないことに気付く。
しかし、それは冒険の始まりに過ぎなかった。
「もう無理。こんな危険な仕事やめたい。ゲロ吐きそう」
「おう、わかった。つまり俺達が強くなってお前の分まで戦えばいいんだな、いいハンデだ」
「安心してね、クライちゃん。ちゃんと私達が守ってあげるから」
「あ、ストップ。そこ踏むと塵一つ残さず消滅しますよ。気をつけて、リーダー?」
強すぎる幼馴染に守られ、後輩や他のハンターからは頼られ、目指すは英雄と強力な宝具。
果たしてクライは円満にハンターをやめる事ができるのか!?

 

作品ページ

この世界がいずれ滅ぶことを、俺だけが知っている

ジャンル ローファンタジー

 

あらすじ・作者

会社からの帰り道。一条明はミノタウロスに出会い、殺された。そして、明は過去へと戻り――――また再び、非日常へと変化したこの世界を繰り返す。世界はまだ知らない。この世界に、モンスターがあふれたことに。人々はまだ知らない。その日常が、もうすでに壊されていることに。この世界がいずれ滅びることを、彼だけが知っている。レベルやステータス、スキルを引き継いだ、強くてニューゲーム。これは、モンスターが現れた世界で彼が必死に生き足掻く、そんな物語。

作品ページ

光の大聖者と魔導帝国 〜『勇者選抜レース』で勝利した途端、勇者パーティーからも国からも追放されたので、辺境でのんびり暮らすことにした。なのに、邪魔するなら返り討ちにするしかない。そして伝説の国作りへ〜

ジャンル ハイファンタジー

 

 

あらすじ・作者

固有スキル『献身』を持つヤマトは、『勇者選定機構』の目に留まり、勇者候補のパーティーに半ば強制的に組み込まれる。それは『献身』の能力が、指定した者のダメージを半分肩代わりするというものだったからだ。三組で争われた『勇者選抜レース』に勝利し、正式な勇者と認定された途端、勇者ジャスティスはヤマトをクビにする。ヤマトをダメージの肩代わりしかできない無能と罵り、クビを言渡したあげく、国王に働きかけ追放してしまうのであった。しかも魔物の巣窟となっている罪人を送る辺境『北端魔境』に。追放されたヤマトは、『献身』の新たな力の発動や手に入れた神器『大剣者』の力により、生き延びる力を得る。そこに、勇者パーティーのサポート部隊のメンバーだった亜人美少女や、彼の才能を認めてスカウトした『勇者選定機構』のエリート美人スカウターが追いかけてきてしまう。戸惑うヤマトだが、家族として受け入れ、スローライフを満喫しながら、のんびり暮らすことにする。そんな中、追放した勇者パーティーは、今まで難なくこなしていた迷宮での訓練討伐に苦戦し、失敗する。ダメージを肩代わりしてもらっていたことが、いかに大きかったか気づいた勇者は、国王に依頼し、強制的にヤマトを戻そうとする。だが、ヤマトは「もう遅い!」とばかりに、無視を決め込む。業を煮やした勇者は、強制的に連れ戻すために、乗り込んでくるのであった。……これは、勇者パーティーからも国からも追放された男が、辺境でのスローライフを夢見て、降りかかる火の粉をやむを得ず振り払う物語。そしてなぜか、国ができていく物語。神に愛された男の……国づくり……成り上がり英雄譚である。後の世に、東方の奇跡として語り継がれる『光の大聖者と豊穣の魔導帝国』という名の英雄譚、ここに開幕!!

 

作品ページ

Sponsored Link
最新情報をチェックしよう!