小説(WEB、書籍)の最新情報、読者の反応、おすすめ作品紹介

小説家になろうおすすめラブコメ作品5選

Web

どうも!管理人の林神です。

今回は小説家になろうラブコメ作品を紹介します。

 

Sponsored Link

読書馬鹿が選ぶ小説家になろうおすすめラブコメ5選

今日はラブコメ作品を紹介します!カクヨムとなろうのラブコメの違いは何だろう?

 

Sponsored Link

おすすめ記事

どうも!管理人の林神です。 銃が出てくる作品って夢があって面白いですよね。 小説家になろうには現在6,055作品銃が出てくる作品があります。今回はその中から3作品オススメを紹介します。 目次 1 小説家になろう『銃』が出てくるオススメ作品3選1.1 […]

林神です。 小説家に読もうでは、キーワード検索ができます。日常、ほのぼの作品を読みたくなったので、検索してみると157,064作品もありました。 そんな今回は大注目の小説家になろう日常おすすめ作品を紹介します。   目次 1 小説家になろう […]

どうも。管理人の林神です。 科学的空想技術を用いた『SF』、主にVRなどが有名だと思います。異世界ファンタジーや現代ファンタジーとは一味違う物語が特徴です。 そんな今回は小説家になろうおすすめSF作品を紹介します。 目次 1 読書馬鹿が選んだ小説家に […]

どうも!管理人の林神です。 5分でオススメ作品を紹介します。 14,786作品ある中から3作品だけ選びました。読んでみてください。   目次 1 ウサギの賢者と不敵な商人(あきんど)2 田中家、転生する。3 Mebius World Onl […]

どうも!管理人の林神です。 皆さんはカクヨム使ってますか?KADOKAWAが直接運営していることもあり、小説家になろうに次ぐ有名なWeb小説投稿サイトです。読者側のことも考えられていて、評価、応援コメントなどをするときも分かりやすく、最近お気に入りの […]

 

 

俺にトラウマを与えた女子達がチラチラ見てくるけど、残念ですが手遅れです

俺はとにかく女運が悪い。女難の相を極めし者がこの俺、九重雪兎だ。昔から何かとトラブルに巻き込まれることが多かったが、母親からは疎まれ、姉からは嫌われ、両想いだと思っていた幼馴染には告白前にフラれ、傷心中に嘘告される始末。その結果、気が付けばすっかり感情がぶっ壊れ、なんかもう色々と手遅れになっていた。でも、あれれ~おかしいぞ~? 何故か俺にトラウマを与えた女性達がチラチラこっちを見てる気がする。うん、気のせいだな! これは、傷つきすぎて手遅れになってしまった少年と、そんな彼を傷つけてしまった女性達による、手遅れから始まる全く始まらない勘違いラブコメディー。「恋愛? なにそれ喰えるの?」

大人気アイドルなクラスメイトに懐かれた、一生働きたくない俺

専業主夫を目指す高校生、志藤凛太郎のクラスには、大人気アイドルグループである”ミルフィーユスターズ”の乙咲玲が所属していた。アイドルに深い興味がない凛太郎は、それを一つの事実として受け入れ特に関わりを持たずに生きていた。ある日、そんな彼に転機が訪れる。最寄りの駅で不意に倒れかける乙咲玲を思わず助けた凛太郎は、彼女が厳しいレッスンのせいで空腹で動けないことを知る。仕方なく手料理を振舞った凛太郎はもうこれっきりの関係だと伝えるが――。「毎月三十万払う。それとは別に二人分の食費も出す。だから毎日食べさせて」そんな魅力的な契約に警戒心を抱く凛太郎だったが、彼女の曇りのない心に触れるにつれて徐々にその絆を深めていく。乙咲以外のミルフィーユスターズのメンバーにも気に入られたり、彼女たちの窮地を救ったりしているうちに、お互いがお互いにかけがえのない存在となっていく。――これは住む世界が違うはずの男女が、やがて結ばれるまでの物語。

作者

 

 

友人に500円貸したら借金のカタに妹をよこしてきたのだけれど、俺は一体どうすればいいんだろう

「兄に言われ、借金のカタとして参じました。これからよろしくお願いいたします」 大学1年の夏、白木求の1人暮らしのアパートに突然押しかけてきたのは、彼の友人である宮前昴の妹、宮前朱莉だった。 求にとって朱莉は同じ高校の後輩にあたるが、高校時代殆ど話したことがなかった。 抱いていた印象も、学年を越えて話題にもなるどこか浮世離れした美少女という外見と、兄思いの良い子というフワッとしたものくらいしかない。 そんな朱莉が突然、兄・昴の借金のカタとして身を差し出してきた――それも、たかだか500円の借金の為に。 あまりに突飛な展開に戸惑う求だったが、そんな彼を強引に言いくるめ、着々と居候の準備を進めていく朱莉。 しかし、当然この借金のカタ云々には裏があった。 実は朱莉は以前から、求に対して特別な感情を抱いていて―― 少し残念な一面も見え隠れする債務者の妹と、そんな彼女の好意に気が付かない兄の債権者との、奇妙な同居生活が始まる。 「これは本気で取り立てた方がいいな……」 「ふふふ、気長に行きましょう」 時には理路整然と、時には勢い任せに、時に空回りしながら、2人は少しずつ互いを理解し、距離を詰めていく。 これは、そんな2人を描いたひと夏の物語である。

作者

寝取られてビッチになった幼馴染の娘も見事ギャルビッチになりました……だけど物凄く癒されます

「私好きな人できたから、もう近づかないでね」  ずっとお世話をしてきた幼馴染に告げられた言葉。  大人しかった彼女は軽薄な男と付き合い始め、染められていった。  幼馴染はどんどんビッチになり果てていき、俺は蔑まれいつしか女性恐怖症になってしまった。  それから数年が過ぎた。  俺はブラック企業に就職した、幼馴染は誰の子かもわからない娘を放置して失踪した。  何故か近所のよしみで面倒を見続けた俺。  そして更に十数年が過ぎた。 「おじさんさぁ相変わらず一人で遊んでるのぉ?」  ビッチの子はやはりギャルビッチになった。  ただ唯一違うところがあった。 「何なら私が相手してあげようか?」  彼女は俺に、とても優しい。 【駄目になったおっさんが癒されて前向きになっていくお話】

作者

 

 

俺の『運命の赤い糸』に繋がってたのは、天敵のような女だった件

数十年前から突発的に現れた奇病は、世界をある意味で混乱に陥れた。  16歳になる年の4月22日に、左手の薬指に現れる赤い糸。  切れないし燃えない。それどころか触ることもできない。  その赤い糸は同い歳であれば、世界のどこかにいる運命の人に必ず繋がっている。  繋がっている相手とは何があっても絶対に結婚することになり、何があっても幸せになることが約束されている。  互いにアゲチン、互いにアゲマン。  故にそれは、『運命の赤い糸』と呼ばれていた。  そう……それが、天敵のような相手だったとしても──。

作者

 

 

 

 

Sponsored Link
最新情報をチェックしよう!