小説(WEB、書籍)の最新情報、読者の反応、おすすめ作品紹介

小説家になろうマイナー作品おすすめ

どうも!管理人の林神です。

今日は小説家になろうの4月に投稿された作品を読んでおすすめできそうなくらい面白かったものを紹介します。

 

Sponsored Link

小説家になろうマイナーおすすめ作品

マイナー作品ってより、新作パレードかもしれませんが、ぜひ読んでみてください。

 

Sponsored Link

おすすめ記事

 

 

裏庭ダンジョンで年収120億円

10年前の隕石の急接近後、まさに「降って湧いた」ようにできたダンジョン。 そこで採掘される魔結晶は、世界のエネルギー事情を一変させた。電気料金は安くなって、二酸化炭素も出さないからエコ。 魔結晶を採掘する人々は「マイナー」と呼ばれ、高濃度魔結晶はとんでもなく高い値段で買われることから、一攫千金を夢見るマイナーでダンジョンはにぎわった。 中には「異能」なんてものに目覚める人まで出てきたが、それはダンジョンの中でしか使えないので、世界は平和に、そして豊かになった。 そう、あれから10年も経ったのだ。 「すげえ世の中だよな……」 俺が買った、何年も使われていなかった中古の一軒家の裏庭に、ひっそりとたたずんでいたダンジョン。 「全部換金したら、一体いくらになるんだよ……」 そこにあったのは、手つかずの高濃度魔結晶の山だったのだ。 これは俺が、「裏庭ダンジョン」にある魔結晶を、いかにしてひっそりと誰にもバレずに目立たず売りさばくかという物語。 目標は「年収120億円」。

金銭感覚が狂っていく

 

 

死に戻りのオールラウンダー、100回目の勇者パーティー追放で最強に至る。 ~魔王が闇堕ちすると人類滅亡! 魔族語マスターしている俺が、彼女をデレさせ闇堕ちを防ぐ!~

あらすじ

「――ニル・アドミラリ、今日限りで、お前をこの勇者パーティーから追放する!」 「おっけー! じゃあな!」 勇者から追放を言い渡された主人公ニルだが、ショックを受けた様子はまったくない。 それもそのはず。彼が追放されるのは、これで98回目なのだ。 ニルは「死に戻り」の呪いを受けており、寿命以外の死を迎えると、何故か勇者に追放される瞬間に戻されてしまう。 今も魔王デスグラシアにぶち殺されて、死に戻りしてきたばかりだ。 「今回こそ、大往生を迎えてやる!」 今から1年後、魔王デスグラシアが真の力に目覚め、人類滅亡が確定となる。 それを防ぐには、覚醒する前に奴を倒さなくてはいけない。 ニルのクラスはオールラウンダー。成長は非常に遅いが、すべてのスキルと魔法を習得できる。 彼は周回を重ねる事で、スキルと魔法を極めていき、ついに97周目で全てをマスターした。 あとは、この最強の力をもってして、最短で魔王デスグラシアを討つのみ。

 

 

 

テンポが早くてビスケットみたいにサクサクだからすぐに読める!

 

一人と独りの静電気 〜俺を裏切った子が、高校でトップカーストに君臨している〜

「1人になったのは、独りが怖いから」 中学2年の夏。修也はいじめを受けてしまう。 そして修也をいじめてきたメンバーには、自分が助けたはずの少女、園田恵美も含まれていた。 心折れた修也は、不登校を経て何とか高校生活をやり直そうとする。 しかし高校2年の春。転校生として園田恵美がやってきてしまう。 「人の幸せを決めつけるな」 過去と現在。人の正しい在り方を問う物語。

 

 

作者
枕元

不遇スキル【結界】は実はなんでも作れる万能スキル ~肝心な時にしか役に立たない冒険者、剣も鎧も家も家電もなんでも作れる万能結界で無双する~

世界にダンジョンと魔物が現れた現代。 日下部灯也《くさかべとうや》は結界を作るスキルを発現した。 防御手段としては一級品で最初こそ重宝されたものの、攻撃手段を持たないことから一線級になれない不遇なスキルとして扱われるようになる。 防御力で得られるプラスよりも攻撃力を持たないマイナスのほうが大きかったのだ。 そんな折り、灯也はふとした切っ掛けで自分のスキルがクラフト向きだと知る。 試しに作った結界剣は恐るべき切れ味を誇り、建てた家は大型の魔物すら退けた。 これならいける。 結界スキルの真価を知った灯也は不遇の汚名を返上し、第一線でトップクラスに活躍する冒険者にまで成り上がるのだった。

これから、どうなっていくか。楽しみな作品です。

 

VRMMOで始める魔工技術革命! 〜気ままに生産するおっさん、ファンタジーだけどリアルすぎるフルダイブRPGで技術革新を起こしまくります〜

世界初のフルダイブVRMMOゲーム、通称『石油王ゲー』はとんでもないゲームだった。 レベルなし。ステータスなし。スキルなし。ジョブシステムも称号もなし。魔法習得者、未だなし。えっ、どうすればいいのこれ? リアルすぎる剣と魔法の世界は、大きな反響と、それ以上の困惑をもって迎えられた。そんなゲームで「おっさん」こと「オールディ」は、気ままに生産プレイすることを選ぶ。楽しんでゲームをプレイしながらも、ファンタジーと科学を組み合わせて『魔力が見えるメガネ』や『斬撃が飛ぶ剣』などなど、次々に画期的な発明をしていく。そんなオールディの行動は周囲を驚かせ、世界にも大きな影響を与えていく。やがて『石油王ゲー』自体も意外な方向にブーム爆発、社会に大きな変革をもたらしてく事に……でもそんなの関係ねえ。今日もおっさんは、自由にゲームを楽しみます。

おっさん頑張れ

Sponsored Link
最新情報をチェックしよう!